夏を彩る久喜の夏祭り

日本人にとって夏祭りは元気をいっぱいくれる大切なイベントですよね。
久喜には大きな夏祭りがいくつかあり、毎年多くの人たちで賑わっています。
私たちを魅了してくれる夏祭りを紹介します。

久喜の夏の主役と言っても良いほどの夏祭りが久喜の提灯祭り「大王様」です。
毎年7月12日と18日に行われ、両日とも昼すぎから夜の9時まで休むことなくお祭りが催しされます。
日中は神話に出てくる人物を山車に乗せてパレードのように回ります。

夜になると、何千個という提灯がまぶしいほどに明るく輝く山車を見ることができます。
このイベントは久喜市民俗文化財に指定されているほど伝統のあるイベントなのです。

他には菖蒲(しょうぶ)夏祭り「天王様」があります。
これもだいたい毎年7月に開催される大きなイベントです。
大きなお神輿や提灯山車を引っ張って、疫病退散・家内安全・郷土平安を願って地域を回るそうです。

それに負けないくらいの活気のある夏祭り、”くりはし夏祭り”があります。
これは力に自身のある男性を筆頭に重いお神輿を担いで練り歩くイベントです。
太鼓や地元の踊りなどで大いに賑わいます。

そして最後に面白いイベント、土師祭(はじさい)があります。
これは地元の人が主役なのではなく、主役は”オタク”と言われるアニメ好きの人たちが開催しているイベントです。

もしかしたら以前テレビでも報道されていたかもしれません。
このイベントはかなり本格的なオタクイベントで、オタクニカルパレードなど名前もひねった楽しいイベントになっています。
この土師祭は他にコスプレ祭りやアニソン(アニメソング)祭り、ストリートダンスなど日本の伝統的イベントとコラボをして楽しめます。

ぜひお祭り好きの皆さん、久喜の夏祭りを参加してみて下さい。